転職でおすすめな業界はどこ?

転職でおすすめな業界とは

転職をする際、最初に考えるのは「どんな仕事をするか」ということ。
どういう職種の仕事をするかどうかで迷われる方もいらっしゃると思いますが、まず大半の方が悩むのは「どんな業界で仕事をするか」ということではないでしょうか。
今まで自分が働いていた業界で探すのか、それともまったく新しい業界で仕事をするのか。まずその業界選びで迷われる方も多いのでは。
では、転職でおすすめな業界とはどのような業界なのでしょうか。

IT業界

世の中の仕事で、IT機器をまったく使わないという仕事は、もうほとんど残っていないと言っていい状況になりました。
そうした状況の中で、今後も確実に伸びていくのが、IT業界です。
職種で言えば「webエンジニア」や「ITエンジニア」はもはやどの業界、どの企業でも通用すると言えるでしょう。
ただし、IT業界の中でも、業績の浮き沈みは激しいもの。企業の状況をよく見極めての転職活動が必要になるでしょう。

介護業界

少子高齢化社会は今後更に拡大していくと言われています。
そういった状況の中で、確実に需要が拡大していくのは介護業界です。
介護業界で働く上で身に付く資格やスキルは、一生使える技能としてあなたの財産になることは間違いありません。

不動産業界

今は、「一戸建てを建てたい」という人がどんどん増えているそうです。
マンションの傾斜問題などが発生し、へたにマンションを買うよりも一戸建てを建ててしまおうと考える人が多いのでしょう。
また、2020年の東京オリンピックを見据えると、需要が確実に拡大していく業界との言えるでしょう。
ただし、不動産業界は地域によって浮き沈みが激しいので、活況な地域はどこかという目線を持って転職活動をすることをおすすめします。

まとめ

転職活動をする際、まず考えるのは「どの業界で働くか」。
業界によっては、いわゆる「斜陽業界」と言われるような、先の長くない業界も多いのが現状です。
その中でおすすめできる業界は「IT業界」「介護業界」「不動産業界」の3つです。
この業界の中で自分ができそうな業種や職種はないか考えてみるのはいかがでしょうか。

第2新卒 転職 難しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です