転職でおすすめな資格とは?

転職における「資格」とは

転職に資格は必須ではありません。資格がなくても転職ができる職種はいくらでもあります。
しかし、資格があった方が転職に有利になる場合が多く存在するのも事実です。
それはなぜでしょうか。
それは、採用者側の気持ちになってみれば明らかになります。
転職者を採用する採用担当者からすれば、まず最初にあなたを判断する材料は「履歴書」であったり「職務経歴書」といった書類です。
その書類の中に、客観的な技能の裏付けである「資格」があれば、採用担当者の判断材料になります。
業界での職務経歴が浅い場合でも、業界に関連するなんらかの資格を有していれば、職歴の浅さをカバーできる場合があります。
では、数ある資格の中でもどんな資格を取得すれば良いのでしょうか。
おすすめの資格をご紹介致します。

中小企業診断士

日本では、いわゆる大企業に比べて、中小企業の占める割合が大変高い現況があります。
その中で、中小企業に対して経営の状態を診断し、経営に関して助言を行う中小企業診断士のニーズは多く、今後もそのニーズは拡大していくものとされています。

日商簿記検定

「簿記」と省略されることの多い資格です。
経営関連資料の読み取りと財務関連知識の取得を目的とする本資格は、保有していることで、企業の管理や経営に関する業務に従業するための技能の裏付けになります。
たとえ理などの直接お金の管理を行う部署ではなくとも、企業として経営を行うために今企業がどのような状態にあり、今後どのようにしていくべきなのかを、財務資料から判断できる技能は、広い職種で求められることになります。

個人情報保護士

今や、個人情報の保護は一般的な社会問題になっています。
そして、企業活動を行う上で個人情報を取り扱わない場面というのは、もうほとんど考えられません。
その中で、個人情報の取り扱いに関する一定の技能を有する証明となる個人情報保護士の資格は、管理職のみならず一般社員の転職の場合でも業務の信頼性を担保するに値する資格になっています。

まとめ

転職に資格は必須ではありませんが、あった方が有利になることもまた事実です。
転職に有利になる資格というのは一定数存在し、その資格を所有しておくことで、転職活動を円滑にすすめることが可能となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です